屋根の断熱改修工事について思うこと

屋根の断熱改修工事について思うことについて書かせていただきます。
実際に、夏などは部屋などの温度がどの程度になるのでしょうか。
夏の暑い日には、太陽の熱で屋根瓦が焼け込み、瓦の表面温度が70℃~80℃まで、小屋裏でも60℃~70℃まで温度が上昇してしまいます。そして、その熱が伝わって部屋の温度も上がっていってしまうそうです。
これは、車内の窓を閉めっぱなしで60度近くなるのと同じような状況ですね。
そこで、発泡ウレタンを屋根裏や天井に吹付ける事によって熱の伝わりを防ぎます。
やはり、屋根や天井だけでなく、壁や床下等合わせて施工すれば、夏涼しく・冬暖かいという理想的な住環境となります。
こういう断熱の仕組みを理解して、予算が許すなら、いっぺんに施工してもらったほうが多大な費用にならずに済むかも知れません。
だが、実際にそこまでやる家庭はまだまだ少なく、もっと簡単に施工できるような時代が来れば良いと思います。